最新のお知らせ

ピアノレッスン

トルコ人の生徒様がピアノを習い始めました。可愛い子です!レッスンを楽しくしながら私はしばらく使ってなかったトルコ語も思い出してやっております。

スクールの音楽会

今日は、この素敵なお手紙をいただきました。「音楽の家」でピアノを習っている大人の生徒様からのお手紙です。実は、2020年5月24日はスクールの生徒様の音楽会をやる予定です。「音のマルシェ」というタイトルで、形も内容も他の教室の発表会とちょっと違うものになると思います。この素敵なお手紙を大切にして、音楽会に向けて楽しくやりたいと思います。音楽会はオープンですので、時間などのことをまたお知らせいたします。音楽が好きなみなさん、是非聴きにきてくださいね!

2020年も、よろしくお願いいたします

 

「音楽の家」を応援してくださって、ありがとうごじざいます!2020年も、よろしくお願いいたします。明るくて、楽しい一年になりますように!

 

その他のお知らせを見る

スクールについて

ご挨拶

 

「音楽の家」、アゼルバイジャン語で「Musiqi Evi」とは、アゼルバイジャンのピアニスト、グルナラ・サファロバが創設した音楽スクールです。
 

私は来日してから常に疑問に思っていることがあります。日本の音楽家、音大生から趣味で音楽をなさっている方々まで、みなさん本当に熱心に音楽を勉強されているのですが、どちらかというと技術的なことばかりにとらわれてしまい、表現することをあまり重要視してないのではないかと感じることがあります。日本では「表現すること」に主眼が置かれていない音楽教育が一般的なようです。心の中にあるものをどのように表現するかということよりも、ミスのない完璧な演奏をすることが最重要視される傾向にあります。
 

私は受けたロシア音楽教育システムでは「表現すること」が主体です。技術はその手段であって目的ではありません。技術のための技術ではなく、心の表現をするために技術を習得するのが最も大切なことです。私たちは常にこのことを教育されてきました。ロシア音楽教育システムでは、音楽表現のための自然で美しい奏法、姿勢、脱力法、呼吸法、発声法など、正しい教材を使い、優れた講師陣からレッスンを受けることで誰でも基礎から学ぶことができます。これを習得することで音楽的な視野が広がり、演奏することの本当の喜びが体感できるでしょう。
 

しかしロシア音楽教育システムときくと、とても敷居の高いイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれません。私たちは音楽に壁を作りません。趣味で音楽をなさっている方からプロの方まで、音楽を愛する心を持っている方ならどなたでも大歓迎です。大人の方で「今さら上達しない」とあきらめている方はいませんか?確かに子供と比べると上達の進度は遅いかもしれませんが、正しい奏法を学ぶことで確実に進歩してゆきます。学ぶのに遅いということはないのです。また、趣味で音楽をなさっている方から音楽大学を卒業された方まで、生徒様のレベルに合わせて、丁寧にレッスンをいたします。レッスンで一番大切なことは、音楽を楽しむということです。これによって生徒と先生の間には友情関係も芽生えるでしょう。

 

 

 

スクールの特徴

  1. 外国人講師の指導のもとで楽しくクラシック音楽を学べます。
  2. レッスンは日本語、またはアゼルバイジャン語、ロシア語、英語、フランス語で行います。
  3. ヨーロッパの音楽大学への留学をサポートします。
  4. 年に一度のオープンレッスンをします。
  5. アゼルバイジャン・ジョージア・トルコの伝統音楽も学べます。

レッスン

声や楽器を使って表現し演奏することで、聴く人の心をとらえ動かすことが音楽では一番大切です。一つ一つの音を大事にしながら音楽を学びましょう。

 

ピアノ

https://www.youtube.com/watch?v=Pc_jk44cNk0

世界の現代音楽教育システムでは数々の新しいメソッドが考案されています。特に初心者の場合は、初めてのステップで使う音楽テキストやメソッドがとても大事です。しかし、ネットショップでも簡単に注文できる外国のテキストがあっても、そのテキストに書いてあることをそのまま順番にやるのではなく、生徒さんの弱いところを見つけて直し、素晴らしいところを引き出してさらに磨きをかけてゆくようなレッスンをすることが一番大切です。 メロディー、ハーモニー、リズムを幅広く教えることをベースにしてレッスンをしています。 「お子さまスペシャルコース」は、直接楽器の練習を始める前段階で、音楽の基礎的能力を高めてゆくために必要なコースです。音楽を聴く、音符を読む、歌う、書く、その後に少しずつ楽器を学んでゆきます。

 

 

声楽、歌のグループレッスン

https://www.youtube.com/watch?v=uWtnc2IJReI&t=4s 

人間はだれでも自然に歌うことができます。声楽は人間のこの自然な行為から生まれました。脱力した歌い方はレッスンの一番大事なポイントです。正しい歌い方は呼吸器系の健康にもつながりますし、発音の矯正にもなります。生徒さんの年齢、声帯の調子、歌の勉強の目的などに合わせて、発声練習をそれぞれ違うメソッドで行います。声楽クラスはとても明るく前向きです。コーラスの指導にもあたるワレンチナ・パンチェンコは、ロシア特別音楽学校の合唱指揮ディプロマを取得した高レベルの専門家ですので、こちらも是非おすすめです。

 

 

ソルフェージュ

https://www.youtube.com/watch?v=SuAXOImDtlU

ヨーロッパの音楽教育システムにはソルフェージュは楽器のレッスンと共に最初から必ずプログラムに入っています。音楽は、演劇、文学、絵画などのような視覚的な芸術と違って、聴覚を使う芸術です。楽器さえ上手に弾ければいい、という考え方は間違っています。楽器のレッスンだけでは音楽的な耳が訓練されないままの不十分な勉強になります。実はソルフェージュが出来ていない方で楽器が本当に上手な音楽家を私は出会ったことがありません。ロシア式ソルフェージュメソッドをしっかり習得すれば、音楽のあらゆる実践的な場面で使えるようになります。例えば、あるメロディーに自由に伴奏を付けられるようになることもソルフェージュが基礎になっています。ソルフェージュコースだけ受講することもできます。

 

 

オーボエ、ファゴット

管楽器は正しく発音することがとても大切です。息を使って音楽的な表現ができるようになることがレッスンの大事なポイントです。生徒さん一人一人に合わせて丁寧に指導いたします。ピアノや弦楽器とちがって、管楽器を早めに習い始めたい方は10才から始めることが可能ですが、ぞれぞれの体格や発達段階によって12才から始めるようにお薦めすることもあります。大人の初心者の場合は、年齢に関係なく、すぐに始めることができます。

 

 

室内楽

https://www.youtube.com/watch?v=E0rBQOAOb40

自分の楽器の練習は一番大事ですが、他の楽器と合わせるのもとても楽しくて新しい経験になります。ヨーロッパの音楽学校では、室内楽は必修です。自分のパートだけ演奏するのではなく、周りの音を聴きながら演奏する、音と音の重なりで生まれた旋律、ハーモニーを一緒に感じあう、といったことは室内楽の基本です。日本の音楽大学のプログラムには室内楽が入っていますが、その授業時間数はとても少ないですし、室内楽を一緒にやる方々は同じ学生達の場合が多いです。私達の「音楽の家」の室内楽レッスンでは生徒さん同志はもちろん、外国のプロフェショナルミュージシャン、またはヨーロッパで勉強された方々など、とても素晴らしい音楽家たちとも共演できます。レッスンの内容、演奏する曲などは、生徒様のご希望と目的に合わせます。初心者の方から音大受験及び音大レベルの方々までが対象ですのでお気軽にどうぞ!(歌の伴奏の授業もございます。)

 

 

ヴァイオリン

非常勤ヴァイオリン講師によるレッスンを行います。お気軽にご連絡ください。

 

 

コーカサスの音楽 スペシャルコース 

https://www.youtube.com/watch?v=f5D-e36SyzA

最近は、異文化に興味を持つ日本の方が結構増えています。世界の国の中でもコーカサス地方は独特な文化を持っている地域です。[音楽の家]のスペシャルコースでは、素敵な伝統音楽に親しむ、その国の先生の指導で歌、楽器、または踊りを学ぶことができます。
ジョージア生まれアゼルバイジャンの音楽家グルナラ・サファロハの指導でコーカサスの古典歌謡、そしてアゼルバイジャンのダンサー:ディラーラ先生の指導で美しい伝統舞踊を学ぶことができます。
また、トルコとアゼルバイジャンで伝統音楽を学ばれた大平清が指導する伝統楽器特別クラスもあります。
珍しい国の文化に親しみたい方は「音楽の家」までお気軽にご連絡下さい。レッスン場所:横浜市内、東京都内 (講師と応相談)。

 

 

 

コンクール、留学、音大卒コース

このコースはコンクールを目指している方、海外音楽留学を希望される方、音楽大学を卒業し、さらに勉強を続けたい方のためのコースです。
職人が時間をかけて精密に一つの作品を仕上げるように、音楽家も精緻で細かい練習の積み重ねが必要です。荒削りの練習を続けていては決して進歩しません。生徒さんの中には基礎を学ぶ初期段階で、音の出し方やペダルの使い方などに悪い癖がついてしまっている方がいます。この癖が原因となって自由なはずの演奏に制限を加えてしまう場合があるのです。このような時にはまず、癖を取るレッスンをしますが、生徒さんの側でもご自身の問題を解決するための根気や努力が求められます。やがて問題が解決した時には、他にはない、高レベルのレッスンならではの喜びを味わうことができるでしょう。
このコースでの勉強をされた方は、クラシック音楽の深さを体得することができ、やがてそれは演奏を聴いてくださるお客様を本当の意味で魅了することになるでしょう。

 

 

 

大人のためにプチレッスン

現在このコースの説明を作成中です。

講師紹介

グルナラ サファロバ Gulnara SAFAROVA

ピアノ・ソルフェージュ・室内楽講師/コーカサスの歌 Professor of Piano, Solfeggio, Chamber Music/ Caucasian Song

アゼルバイジャン国立音楽大学卒業。ロシアのモスクワ音楽院の教授アバスクリエフ氏に師事。室内楽をロストロポーヴィチ氏に師事。音楽教育博士、助教授。1996から2008年バクー音楽院の講師を務める。ピアノの勉強方法のテーマで数々の論文、教則本、30以上の学術論文の執筆を手がける。トルコ国際コンクール入賞。2005年、フランスにて国際セミナーに参加。2008年より日本在住。ピアノリサイタルなどを行う。日本クラシック音楽コンクール審査員。大和市音楽家協会会員。日本クラシック音楽コンクール第2位、町田ピアノコンクール第1位など、コンクール受賞者も輩出している。http://www.gnsafarova-piano.com/

 

 

ワレンチナ パンチェンコ Valentina PANCHENKO

楽声・コーラス講師 Professor of Vocal and Choir

ロシアの国立ウラジオストック音楽大学卒業と同時に国立プリモールスキー・フィルハーモニ専属ソリスト(メゾ・ソプラノ)として活動。ロシア特別音楽学校の合唱指揮ディプロマを取得。2000年G8沖縄サミット文化プログラムに出演。2011年から毎年ロシア文化フェスティバルin Japan出演。2012年 ラ・フォレ・ジュルネ・オン・ジャポン(サクレ・リユス)出演。日本、ロシア、中国、チェコ、ドイツでコンサートを行う。日ロ文化交流センター名誉会員。3枚CD、4枚DVDをリリーズ。NPO法人ヘラルドの会会員。教育の経験も豊富で、ヨーロッパへの留学サポートも行っている。

 

 

ユーリ イリン Yuri ILIN

オーボエ・ファゴット・室内楽講師 Professor of Oboe, Bassoon and Chamber Music

モスクワ高等音楽院オーボエ科を優秀な成績で卒業。卒業後、モスクワ室内合奏団、旧ソヴィエト国立放送交響楽団、スタニスラフスキー・ネミロヴィッチ・ダンチェンコ音楽劇場オーケストラにて首席オーボエ奏者を歴任。又、1994年~1996年国立モスクワ高等音楽院オーボエ科・室内楽クラスの客員教授として後進を指導する。オーボエをA.V.Petrov( ペトロフ)に師事。オーボエ奏者としてK・コンドラシン、M・ロストロポーヴィッチ, V・フェドセイエフ等著名な音楽家と共演する。日本ではフリーランスのオーボエ奏者として様々なコンサートに出演する傍ら、ブリティッシュスクール東京のオーボエ・ファゴットクラスを指導する。

 

 

ディララ ガズィエワ Dilara GAZIEVA

アゼルバイジャン伝統踊り Professor of Azerbaijanian dance

アゼルバイジャンの首都バクー出身。子供の頃から伝統舞踊に憧れ、13歳のとき従兄と一緒にトルコの Dede Korkut 国際フェスティバルに初出演。バクーの伝統舞踊教室 "シャフリヤール"でアゼルバイジャンの伝統舞踊を学ぶ。2007年より日本在住。東京都内、横浜市などでダンサーとして活躍。

 

 

 

 

ゴルバーニ・マスッド Magsud GORBANI

タール演奏家 Professor of Azerbaijani Traditional Music

伝統楽器をその国の講師のもとで学べる素晴らしさは、音楽が好きな方にたまらない魅力です。楽器の正しい奏法だけでな く、伝統音楽の雰囲気や表現方法などが学んでみませんか?

 

 

大平 清 Kiyoshi OHIRA

サズ・タンブール演奏家 Professor of Azerbaijani and Turkish Traditional Music

トルコで弦楽器(サズとタンブール)を学ぶ。 アゼルバイジャンではルスラン.ザリバリエフ 氏にタールを師事。中央アジアからアナトリアに至る東西シ ルクロードの音楽活動を、ソロ弾き語りのスタ イルを中心に展開している。日本語で具体的な説明を受けたい方におすすめのクラスです。

 

 

 

 

ナタリア コンドラティエワ Natalya Kondratyeva

室内楽アシスタント Chamber music Assistants

ヴァイオリンとヴィオラの奏者。
ロシア国立音楽大学卒業。国立極東交響楽団のヴィオラパートを勤めながら、ヴァイオリン奏法の研究を行う。2000年より日本で交響楽団やアンサンブルでの仕事の他、講師活動を行う。Music Web records 社より“UNISON”のリーダーとしてメジャーデビュー。

 

 

 

東 大輔 Daisuke Azuma

室内楽アシスタント Chamber music Assistants

モダンフルート/フルートトラウェルソ奏者。フルートをフランスでレイモン・ギヨー、フランソワ・ロラン、フィリップ・ピエルロらに師事。また、ルネサンス、バロック時代のフルートを前田りり子に師事。室内楽コンサート行う。大和国際オペラ協会会員。

 

 

コースと料金

入会金 10,000円

一回だけの単発レッスンは入会金不要です

生徒さんの希望によって、楽器だけを習う、または室内楽やソルフェージュだけのコースにすることも可能です。

お子様コース 3~4才 30分 1レッスン3,500円
(年間40回)
器楽コース
ピアノ
ヴァイオリン・ヴィオラ
オーボエ・ファゴット
ジュニア5才〜17才
(管楽器は10才から)
45分 1レッスン6,500円
(年間40回)
大人18才~ 45分 1レッスン8,000円
(月1〜2回)
1レッスン7,000円
(年間40回)
60分 1レッスン9,000円
(月1〜2回)
1レッスン8,000円
(年間40回)

声楽コース

★レッスンにはピアノ伴奏者が付きます。

大人18才~ 60分 1レッスン9,000円
(月1〜2回)
1レッスン8,000円
(年間40回)
歌のグループレッスン ジュニアグループ
3人から
60分 1レッスン3,500円
(月1〜2回)
大人グループ
3人から
90分 1レッスン4,500円
(月1〜2回)

コーカサスの音楽スペシャルコース/歌・ 伝統楽器・伝統舞踊
★グループレッスンの場合の料金は1レッスン4,500円になります

大人18才~ 90分 1レッスン8,000円
(月1〜2回)
1レッスン7,500円
(年間40回)
ソルフェージュコース

ジュニアグループ

5才〜17才

45分 1レッスン4,000円
(月2回、または年間 40 回)

大人グループ

18才〜

60分 1レッスン6,000円
(月2回、または年間 40 回)

室内楽コース

★レッスンにはアシスタントが付きます。
アシスタント2人目からは2,500円が加算されます。
お知り合いの方とレッスンを受ける場合はレッスン1回につき1,000円が加算されます。

10才〜 60分 1レッスン6,000円
(月1~2回)
コンクール、留学、音大卒コース   60分 1レッスン
上記レッスン料金 +4,000円
大人のためにプチレッスン 18才~ 30分 1レッスン4000円(月1~2回)

♪ちょっと気になること♪  

入会金はちょっと高いなぁ~と思っている方に:
スクールに他の生徒さんをご紹介していただいた生徒様に入金の50%をお戻しします。(一回のみ。有効期限1年。)

グループレッスン料金は少しでも安くなるといいなぁ~と思っている方に:
 グループ形式で行うレッスン(ソルフェージュ、コーラス)で生徒様の人数が5人からの場合は、お一人分レッスン料金1,000円割引になります。

③ 少しだけやってみた~い、と思っている方に:
 レッスン料金はお安く、大人のための「プチレッスン」があります。

二つのコースを受けたいけど、レッスン代が高くなってしまうなぁ~と思っている方に:
 2コース以上の個人レッスンを受ける場合は全料金から1,000円割引になります。

 

 

レッスン場所

  • 横浜市営地下鉄ブルーライン センター南駅 音楽サロンARIA(アクセス
  • 田園都市線沿線の公共施設
  • 横浜駅周辺

(状況に応じてその他の場所で行いますのでご相談下さい)